賃貸経営と空室率について

賃貸経営の場合、自分が所有している物件に居住者がいるかどうかが大きなポイントです。住んでいない部屋、つまり空室をいかに減らすかが重要なポイントになるのです。理想は空室ゼロの100パーセント稼働している状態ですが、場所によってはなかなか難しいものです。実際、ある賃貸サイトから平均を取ると、全国的に見れば、だいたい賃貸物件の20パーセントぐらいが空室だと言います。つまり空室率から見ると、賃貸物件のうち5軒に1軒は空室状態にあると言えるわけです。思ったより、空いている部屋というのは多いものです。もちろん、これは平均値ですので、実際には100パーセント埋まっている物件もあれば、100パーセント空いている物件もあります。空室が目立つ物件は悲惨です。そうならないように、健全な経営を心掛けたいものですね。

老後豊かに暮らすための賃貸経営

多くの人が老後の収入源として年金に依存していると思います。しかし、年々、年金額が切り下げてられていく印象があります。少子高齢化がますます進むわけですから、現役世代が老後世代を支えるという仕組みでは無理が生じるのも仕方がないかもしれません。ですから、豊かな老後を迎えるためには、しっかりとした老後資金を持っておくことが理想です。そうはいっても、実際にはなかなか難しいのが現状です。できたら、年金とは別に収入があれば、生活も安定するはずです。そのために賃貸経営を目指す人もいます。いわゆる大家さんになるということです。実際、老後、豊かに暮らしている人の多くが賃貸経営をしていると言います。と言っても、賃貸物件は簡単に手に入れられるものではありません。ですから賃貸経営を目指す人は計画的に物件取得を考えないといけません。

賃貸経営をする人と賃貸住宅に住む人

世の中で成功するためにはコツがあります。その中でも大切なのは、2つの立場のどちらに回るかと言う点です。2つの立場と言うのは、お金を儲ける立場に回るか、消費する立場に回るかということです。もちろん、ほとんどの人はお金を儲けると同時に、消費するわけですから、両面を持っています。しかし、ここで言っているのはそういう意味ではありません。例えば、賃貸住宅で考えた場合、賃貸住宅を所有して賃貸経営をする側になるか、それとも賃貸住宅に住む側に回るかと言う違いです。ほとんどの人は何の疑問も持たずに賃貸に住む側に回るのではないかと思います。しかし、ちょっと考えてみるとわかりますが、それよりも賃貸経営に回るほうが有利だというのは誰の目にも明らかでしょう。世の中には2つの立場があり、どちらに回るかはあなた自身が決めるということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です