賃貸経営をしていく時には独学でもいいので勉強する

賃貸経営をしていく時には独学でもいいですので、経営に関する勉強をしていくようにします。以前はまだこの分野に参入している人も企業も少なかったですけど、今ではかなり多くの人や企業が賃貸の経営に参入しています。つまり、ただ、賃貸の経営をしただけではなかなか成功しないようになってきています。成功するためには、賃貸経営に関する知識を身につけるための勉強をしていく事が必要不可欠になってきます。勉強方法はいくつもありますけど、有料でも良いのなら専門のスクールなり、講座なり、セミナーなどに参加していきます。これらに参加する事によって深く学ぶ事ができます。それができない人は、最低でも独学でいいですので勉強していくようにします。独学の場合は、書店に販売している賃貸経営の専門の本を購入して勉強していくのが一般的になっています。

賃貸経営は安定したビジネス

起業して事業を継続するのは非常に難しいものです。起業して5年後に生き残っている確率はたったの15パーセントだそうです。つまり、起業した6~7人のうち、一人しか5年後に生き残っていない計算になります。非常に厳しいのがわかりますよね。そんな中で、ある税理士が言ってましたが、ビジネスとして見た場合、賃貸経営は最も安定しているビジネスだそうです。というのは、その人が税理士として関与している中で賃貸経営をしている人が廃業する事例はほとんどないそうです。そうした点をまざまざと見せつけられているため、その税理士も賃貸物件を自ら購入したそうです。そして、不動産経営に乗り出したとのこと。賃貸物件を購入するのは金持ちしかできないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。意外に普通のサラリーマンなんかが購入していたりするものです。

賃貸経営のメリットは手間がかからないこと

賃貸経営の最も優れている点はビジネスとして見た場合、手間がかからない点です。これは大変、魅力的なメリットだと言えます。よく理想的な経営として「ほったらかし」で収入が入ってくるビジネスだと言いますが、実際にはそんなビジネスはなかなかありません。そんな中で、ほったらかしに近い状態でできるのが賃貸経営なのです。居住者が安定的に住んでくれている物件の場合、勝手に家賃収入が入ってくるわけですから、こんなおいしいことはないですね。会社員として企業に勤めていたり、自営業をやっているような他に仕事を持っている人にとって、不動産事業はサイドビジネスとして理想的なのです。と言っても、その物件を自ら管理する自己管理を行うか、不動産会社などに管理を任せるかで、手間もだいぶ変わってきます。管理を任せれば、ほとんど手間がかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です